ステイブルハウス

快適で安心な毎日のための確かな家づくりの姿勢を「ステイブルハウス」という名に込めました。
ステイブルという言葉には「ぐらつかない、しっかりした」、「(生活や感情が)安定した、変わらない」、「持続性のある、永続する」という意味があります。
毎日を気持ちよく快適に過ごしていただける家。
安心して住み続けていただける家。
住まう人の気持ち、イメージを大切にした家。それが協進建設の「ステイブルハウス」です。

 ステイブルハウスができるまで

住まうご家族が、いつまでも安心・安全、快適に。
人と環境に配慮した協進建設の住まいブランド「ステイブルハウス」の、更地から建物が完成するまでの工程を、写真でご紹介いたします。

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4
  • STEP5
  • STEP6

 STEP1 建築の流れ[更地~配筋]

 01.更地

この土地に永住するに相応しい
ステイブルハウスが建築されていく様子を写真でご紹介していきます。

 02.地盤調査

スウェーデン式サウディング方式にて地耐力の測定。
深さ10m程度までの土の硬軟、締りぐあいの相対値などを、短時間で調査することが可能で、住宅用地では数か所でのサイディング試験をおこないます。

 03.やり方

着工の初めの一歩のやり方。
建物の位置、水平の基準やその他のすみ出しを行うための仮設物で、基礎打ち終了後に取り外す。
立てられた板から細い糸を張り、建物の外周の中心および、内部の主たる中心を出していきます。

 04.根切り・割栗地業

(1)根切り根切りは、基礎工事を行なうために地盤面下の土を掘削する作業で、やり方に示した通りに実行していきます。

(2) 割栗地業根切りの底部に割ぐり石や砂利を入れ十分に突き固める作業で、基礎を支えるために非常に大事な部分。建物の荷重を基礎から地盤に均一に伝え、不同沈下を防ぎます。 割栗石は、建物の荷重に充分耐えられるように、岩石を割った摩擦力の大きい角張った石です。10~20センチの大きさの砕石を敷きならしますが、ただ敷いただけでは隙間だらけなので、荷重がかかっても沈まないように、ランマーという機械を使ってどんどん転圧していきます。

(1)根切り
(2) 割栗地業

 05.防湿シート

割栗を施した上に防湿シートを張ります。
防湿シートによって地面から上がる湿気を防ぎ、床下の乾燥が保たれます。
周囲のコンクリートが固まるまでこのまま一日おきます。

 06.配筋

コンクリートは引張力に弱く圧縮力に強い性質があります。一方、鉄筋は引張力と斜張力に強いので、一体となることでお互いの弱点を補い、外力に対して安全な基礎が出来上がります。 配筋工事は構造的な役割においても極めて重要です。鉄筋は200㎜ピッチで配筋され、ステイブルハウスでは配筋に使用する鉄筋は、13㎜(公庫基準は10㎜)を使用し、コンクリートがしっかり噛むようにリブ付きの鉄筋(異形鉄筋)を使用しています。 こうして配筋ができあがったところで、社内検査の配筋検査を受けます。

 
 

 STEP2 スペーサーブロック~ホールダウン金物・アンカーボルト

 07 スペーサーブロック

スペーサーブロックは、建設工事において鉄筋コンクリートを打設する際、鉄筋を所定の位置へ固定させるとともに、必要なかぶりを保つために用います。 耐圧盤ではコンクリート厚の真ん中に鉄筋がくるように、60mm角を使用しています

 
 

 08 耐圧盤打設

耐圧盤部分にコンクリートを打設。
締固めは、棒形振動機(バイブレーター)を使用し、できるだけ垂直に挿入して加振します。

 
 

 09 基礎天端高さ確認

  

 
 

 10 べた基礎とコーナーハンチ

べた基礎(下左写真)/1階床下全体に網の目状に鉄筋を配置し、耐圧盤を全面に打ち、基礎の立ち上がりを一体化させ、建物の荷重を基礎梁と耐圧盤の底面全体で、地盤に伝える形式の直接基礎方式。 耐圧盤を布基礎のようにピンポイントでは なく一体の底盤として“船底”のようにすることで地盤の荷重負担が減るとともに、基礎全体の剛性も高まります。不同沈下や床うき、きしみ等が発生しにくくなります。

コーナーハンチ(下右写真)/基礎のコーナー部分は不均等荷重や地震時に負荷が集中しやすい箇所ですから、不測の事態に十分に備えておく必要があります。建物が地震力等により振られた際に力が集中し破損しやすい基礎のコーナーに鉄筋を配したコーナーハンチ(三角補強)を設けることにより、より優れた耐震性と耐久性を発揮する頑強な基礎となります。

 
 

 11 ホールダウン金物とアンカーボルト

ホールダウン金物(写真左側の金物)は、建物の通し柱と基礎・土台を緊結する金物です。
アンカーボルト(写真右側の金物)は、基礎と土台を緊結する金物です。
いずれも風圧や地震などで基礎から土台や柱がはずれないようにするため、基礎と土台や柱を緊結する重要な役割を果たす金物です。  

 
 

 STEP3 建築の流れ[基礎パッキン・土台~金物]

 12 ロング基礎パッキン

基礎パッキンは、基礎と土台を絶縁し、基礎の水分を土台に伝えず、かつ床下全体を通気できるので土台に腐れが生じにくくなります。材質はポリプロピレンで、樹脂の中では最高の耐熱性を誇り、強度が高く吸湿性がなく、酸、アルカリ等の耐薬品性に優れています。
ロング基礎パッキンを採用しているので、特殊構造の換気スリット+防鼠材(先端シボリ)で湿気を効率よく排湿し、住宅の荷重を基礎全周で受けるので通常の短い基礎パッキンよりさらに強固になります。  

 
 

 13 土台敷き

 基礎の上に120mm角の米ヒバの土台を乗せます。米ヒバは耐腐朽成分としてフェノール化合物を多く含んでいるので、細菌やシロアリや微生物を寄せ付けにくくします。

 
 

 14  上棟

柱や梁などを組み立てて、屋根の最も高い水平の部分の「棟木」を「上げる」ことを上棟といいます。平面だった世界から建物の骨格がみえてくる

 
 

 15 継手・仕口

継ぎ手(つぎて)は、材料を軸方向(長さ方向)に継ぎ足すために加工した組み手のことです。左下写真は腰掛けかま継手という方法です。土台・大引きなどに使用。引張に抵抗。材断面中央部分が水平に切り欠いてあり、一方の部材がもう一方の部材に乗る形になります。
仕口(しくち)は、材料同士が直角に交わる部分に加工したホゾなどの組み手です。(右下写真)
  

 
 

 16 1階床の断熱材

1階の床に使用している断熱材のスタイロフォームは、寒さや暑さを室内に伝えにくく、温度を一定に保つことで、冷暖房のエネルギー消費を抑える効果があります。吸水量も非常にわずかで膨潤したり、軟化、変形、変質することがない安定した断熱材です。

 
 

 17 ひねり金物

屋根垂木と梁をつなぐ金物です。写真のように屋根の軒の裏に取り付け、強風などで屋根があおられるのを防ぎます。
日本住宅・木材技術センターが開発した金物である証のZマーク表示金物の場合、右ひねりのみで使用箇所に応じて天地を逆にして使います。  

 
 

 18 かすがい

床束と大引、小屋束と小屋梁・母屋、柱と横架材などの緊結に使うコの字形などの接合金物。
耐力壁が付く柱のうちで、引抜き力が生じる柱の柱頭・柱脚には使用することはできません。それ以外の柱の柱頭・柱脚に使う場合は、柱の短ほぞ差しと併用して対応するのが一般的です。
  

 
 

 19 平金物

細長い帯状の鉄板に釘穴、ボルト穴をあけたもので、かすがいと同じ用途で使われますが、平金物の方が強度があるため大引きと束、土台と柱、管柱と胴差し、小屋梁と小屋束、母屋相互の連結や、筋かいの端部等のような構造耐力上重要な部分の接合や補強に用います。

 
 

 20 コーナープレート

コーナープレートは柱と梁を緊結するための金物です。

 
 

 21 羽子板ボルト

鋼板にボルトを溶接したもので、羽子板の形に似ている金物です。軒桁と小屋梁などの直交する部材を緊結するために用いられます。羽子板ボルトは、木造住宅には非常に多く使用され、住宅の耐震性能に大きく関わってくる重要な金物です。

 
 

 22 金物締め付け確認

これらの金物の締め忘れがないか一つひとつ監督がチェックしていきます。確認した金物はスプレーでマークをし確認漏れを防ぎます。

 
 

 STEP4 建築の流れ[筋交い・高耐久検査・床構造]

 23 筋交い

地震・風などによる横からの変形を防ぐため、骨組みの間に斜めに入れ強度を増し、引っぱりに耐えられるようになります。

 
 

 24 2階床張り・根太レス工法

根太レス工法とは、根太を設けず床下地合板の厚みを厚く(24mm)して、直接梁材に留め付ける床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強くなります。2階の床全体に敷いて、面でささえる構造となり水平力が増すため剛床工法とも呼ばれます。

 
 

 25 高耐久検査

第三者機関による決められた金物をしっかり使用されているか検査を受けます。

 
 

 26 野縁・防震吊木

野縁とは、天井仕上げ工事において、仕上材を張り付けるための下地に使われる棒状の角材を格子状に組んだものです。野縁を留めるための部材を野縁受けと言い、吊木にて構造材に留め付けます。ここに厚さ9mmの石膏ボードを施工し、クロスで仕上げます。その野縁を留めるための部材を野縁受けと言い、吊木にて構造材に留め付けます。ここに厚さ9mmの石膏ボードを施工し、クロスで仕上げます。2階床から1階天井へ伝わる振動を和らげます。

 
 

 27 断熱材《高性能グラスウール》

グラスウールはガラス原料やリサイクルガラスを高温で溶かし、その溶融したものを繊維化し、ガラスを綿状にしたものです。通常のグラスウール繊維の直径は7ミクロン程度ですが、ステイブルハウスで使用している「高性能グラスウール」は、繊維の直径が4~5ミクロンと細く通常のグラスウールより断熱性能が高まります。
ステイブルハウスではこの優れた断熱材を天井まで隙間なくきっちり施工してひと部屋ずつ断熱材で包みます。

 
 

 28 通気止め

2階間仕切り部分の通気止めは、居室内の開口部(コンセント等)から上がってくる空気を止めて気密性を高める役割を果たします。

 
 

 29 気密シート

外部に面する外壁・天井・屋根・床の断熱材の室内面側に気密シートにて気密工事を行い、気密住宅仕様にします。気密シートは熱、紫外線、酸素で劣化しにくい特殊素材を使用しており、容易に破くことはできない耐久性があります。

 
 

 30 床遮音ボード

9mmの木材繊維のかみ合った多孔質な床コンビボードを採用しています。 2階の音が階下に伝わるのを和らげるだけでなく保温効果もあります。
  

 
 

 31 コンセント・スイッチ等の各配線

グレーの線はコンセント配線です。
通常、住まいには電線は組しかきていません。たくさん配線があるように見えますが、こうして分岐して使用している壁のコンセント自体がタコ足になっているわけなので、コンセントでさらにタコ足接続しすぎないようにご注意ください  

 
 

 32 F☆☆☆☆(フォースター)建材

 断熱材・柱・床・クロスやボンド等に至るまで全ての製品・建材にシックハウスを誘発するといわれるホルムアルデヒドの放散量がJIS/JASで定める最も低い等級(F☆☆☆☆)品を使用しています。
 

 
 

 33 床暖房

温水タイプ床暖房は、ランニングコストもエアコン並みである点や、ピアノなどの重量がある家具なども置ける耐久性があります。火気を使用しないのでクリーンな空気が保て、ファンヒーターのようにホコリを舞い上げることもないので、大人より低い空間で生活する子供や赤ちゃんにとっても体に優しい暖房です。
床暖房はホットカーペットと違って赤外線でお部屋全体を温める主暖房です。足元から温まることができる理想的な暖房と言えます。 

 
 

 STEP5 建築の流れ[バルコニー防水~ALC外壁]

 34 バルコニー防水工事

バルコニーや下屋にはFRP防水を施します。
FRPは、その水密性の高さからボートなどの舟に使用されている素材です。住宅の防水工法としてはガラス繊維をカットして、マット状にしたガラスマットと軟質不飽動ポリエステル樹脂を複合させたFRPを使用しています。
  

 
 

 35 外壁下地工事(ダイライト)

「ダイライト構法」は優れた気密・断熱性があり、年間を通して快適で冷暖房費もコストダウンできます。ダイライトは、燃えにくい鉱物質繊維と火山性ガラス質材料でできた準不燃材だから火災に強く、壁面で建物を支えるので地震・台風にも強い住宅が実現できます。

 
 

 36 防水テープ・水切シート

窓枠の下の部分に水切りシートを施工してから、サッシを取り付けます。サッシ廻りなど水が浸入しがちな場所には、防水テープを施工し、雨の浸入を防ぎます。
  

 
 

 37 透湿・防水シート

スキーやスノボーウェアーで雪や雨の水分は弾き、内側の湿気を逃がす素材の機能と同様に、透湿防水シートは、水分を通さず湿気を逃がすシートです。 壁体内の湿気を逃して木材を腐らせる結露を防ぎます。
  

 
 

 38 通気胴縁

通気胴縁は、透湿防水シートと外壁との間に隙間を作ることで、空気に流れが生じます。
湿気は気流により、軒裏換気口と棟換気口へと運ばれ、外へ排出されます。これが外壁通気と呼ばれる工法で、湿気や内部結露から建物を守ります。
  

 
 

 39 防虫通気材

断熱材と外壁の間の隙間に蛾のような虫が入らないように防虫通気材で進入を防ぎます。

 
 

 40 屋根防水

野地板に防水シート(アスファルトルーフィング)を貼ります。
アスファルトルーフィグとは、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透させ、被覆し、表面に粘着防止のために粉末にした雲母や粘土などを塗布した、防水層を作るためのシートです。
  

 
 

  41 屋根材施工

 屋根材(スレート)の施工完了。

 
 

 42 ALC外壁  

 ALC造のALCとは「オートクレーブトライトウェートコンクリート」の略で、オートクレーブトは気泡、ライトウェートは軽量を意味し、軽量気泡コンクリートの事を指す。 このコンクリートを使用して、工場生産した鉄筋コンクリートパネルを面材として建物を建築する工法です。パネル内部の無数の気泡が高い断熱性を生みます。
 

 
 

 43 外壁塗装  

外壁塗装は「アクリルシリコン樹脂塗装」と呼ばれる高質な塗装を採用しています。通常は1回の下塗りを2回行い、主材を塗り→上塗りも2回行っていきます。  

 
 

 44 お引渡し前の検査  

建物が完成すると通水・漏水検査や建具の調整具合やキズのチェック等の社内検査をしてお客様にお引渡しいたします。